本文へジャンプ

水辺工法研究会スケジュール

令和3年度「宮崎県自然豊かな水辺の工法研究会」第2回研修会

2021.09.03(金) 09:00

令和3年度「宮崎県自然豊かな水辺の工法研究会」
第2回研修会のご案内
 
新型コロナウイルス感染症拡大防止を考慮して、オンライン研修会とします。
このため申し込み方法や実施方法が例年とは異なりますので、ご注意ください。
 
■目的
 「宮崎県自然豊かな水辺の工法研究会」は、宮崎県がNPO法人大淀川流域ネットワークとともに設立したもので、河川等に関係する行政や企業の技術者に対して、河川の水辺環境に関する知見や技術を習得する機会を提供するとともに、多自然川づくりに関する技術者の技術向上及び地域に適用させるための具体論を学ぶことを目的とする。研修会等では、県内外の多自然川づくりに関する全国トップクラスの研究者などを講師に招いて開催しています。
■対象者
 河川や砂防に関係する行政及び企業の技術者
 ※受講対象者以外の方でも興味のある方はどなたでも受講できます。
■研修期間(オンライン研修会)
 日 時:令和3年10月6日(水)7:00 ~10月8日(金)21:00
 ※上記の期間が過ぎると、講演の動画は削除されます。
■研修内容
 1 前回研修会レポート課題の説明 15分
 2 研修会(講演)
  講演① 90分
   講 師 :南九州大学 教授 平岡 直樹 氏
   テーマ:河川景観分析の基礎と戦後の河川景観・利用形態の移り変わり
   概 要:日本の河川景観の特徴と景観分析を行う上での基礎的事項を紹介し、戦後の河川
                    景観の移り変わりと写真中の人物の変化から見える河川利用形態の変遷を確認す
                    るとともに、川づくりの設計・施工・維持管理での注意点を解説する。

  講演② 90分
   講 師 : 宮崎大学 教授 伊藤 哲 氏 
   テーマ :川づくりで考慮されるべき水辺生態系の機能の種類とその配置
   概 要 :水辺の生態系の機能は多岐にわたるが、実際に期待される機能や発揮できる機
                      能は河川の規模や流程によって異なる。そこで、川づくりで重視すべき機能の
                      種類や配置、および機能を発揮させるために施工段階で留意すべき事項等につ
                      いて解説する。
   
3 レポート課題の出題と説明 10分
 
■主催 
 宮崎県自然豊かな水辺の工法研究会(宮崎県・NPO法人大淀川流域ネットワーク)
 
■オンライン研修会の受講方法
1 受講申込み
  ●会社で受講者がまとまって、一緒に受講することを推奨します。
  ●「受講申込書.pdfに必要事項を記載の上、電子メールに添付して送ると共に、受講料
   金を指定口座にお振込みください。
  ●入金確認後、「受講申込受付証」を電子メールでお送りします。
  ●申込書提出後に、業務の都合等で受講できなくなった場合は、受講者の変更が可能
   です。 
   「変更届出書.pdf」に必要事項を記載して、電子メールでお送りください。
  ●取消・返金について
   「取消届出書.pdf」に必要事項を記載して、電子メールでお送りください。
     ◆令和3年9月22日(水)15:00までの取り消し
       受講料から振込手数料を除いた額を返金します。
     ◆令和3年9月22日(水)15:00以降の取り消し
       返金できません(次回への繰り越しはできません。)
  ●申込み及び振込締切日 9月22日(水) 15:00必着 
  申込み及び届出のメールアドレス mizube@oyodo-river.org
  ※FAXでは受け付けていません。
 
 
 
  
  ●受講料及び納入方法
(1)受講料
   一人当たり 3,200円(消費税込)
(2)納入方法
・指定銀行口座へ期日内にお振込みください。振込手数料はご負担下さい。
宮崎銀行 宮崎支店 普通 口座番号54618
特定非営利活動法人大淀川流域ネットワーク 代表理事 杉尾哲(スギオ サトル)
 
2 初めて受講される方
  ●白紙の受講者カードを郵送します。
   お名前等の必要事項を記入し写真を貼って、レポートと一緒に提出してください。
   写真について
   6ヶ月以内に撮影されたもの無帽、正面、上三分身、縦3cm×横2.4cm白黒またはカラー
  ●提出頂いた受講者カードは、ラミネート加工して受講認定証と一緒にお渡しします。
 
3 「テスト動画」の送信

  ●正常にご視聴いただけますよう、テスト動画(YouTube閲覧)URLを登録したメール

   アドレスにお送りします。 

   ※10月4日(月)までに届かない場合は、ご連絡ください。

   ※ご利用になられる機器で動画・音声が正常に再生されることを事前にご確認ください。

   ※視聴機器の設定等に関して事務局では対応できません。機器購入店にお尋ねください。

  

4 「講演動画」と「テキスト」「レポート様式」のダウンロード

  ●講演動画(YouTube閲覧)のURLと「テキスト」「レポート様式」のダウンロードURL

   を登録したメールアドレスに通知します。

   ※10月4日(月)までに届かない場合は、ご連絡ください。

  ●講演動画を、期間限定で、特定の人しか見ることができないように設定して、YouTube

   に公開します。

  ●「テキスト」と「レポート様式」は各自でダウンロードしてご準備ください。
  
5 研修会の受講
  ●研修期間内にオンライン研修会を受講してください。
   ※研修期間が過ぎると、講演動画は削除されます。 講演動画の録画を禁止します。
      ●会社で一緒に受講した場合は、課題を議論して、各自でレポートを作成することを推奨し
   ます。
  ●受講者本人(受講申込者)とレポート記入者が異なるなどの事実が確認された場合は受講
   認定できません。
  ●指定された「レポート様式」に研修内容のレポートを記入し、提出期限までに提出してく
   ださい。
   【注意事項】
   ・レポートは、手書きで作成したものだけを受け付けます。
   (パソコンで作成したものやコピーしたものは不可とします。また、手書きでも、他の
   受講者のレポートを書き写したことが極めて疑わしい場合は、両者とも再提出とします。
   レポート作成にあたり受講者同士で議論した場合は、他の受講者と同じ内容の似た文章
   の解答とならないように注意して下さい)
   ・未提出、白紙提出、記入内容が不十分な場合は受講認定できません。
     提出期限:10月12日(火・消印有効)
 
6 レポートの提出方法 ※変更になっていますのでご留意ください。
  下記のレポート提出先宛に郵送にて提出してください。
  所轄の土木事務所等への提出は、受け付けません。
レポート提出先:
宮崎県自然豊かな水辺の工法研修会(NPO法人大淀川流域ネットワーク事務局内)
〒880-0013  宮崎市松橋1丁目36 小松排水機場内
  FAXやメールでの提出は不可とします。
  ●新規で受講される方以外は、受講者カードの提出は不要です。
 
7 CPDSについて
  ・(一社)全国土木施工管理技士会の講習プログラムです。
  ・(一社)建設コンサルタンツ協会のCPDについては個人での申請になります。
 
宮崎県自然豊かな水辺の工法研究会認定ポイント及び受講認定証について
 認定条件は以下のとおりです。
 1 認定ポイント
   ・1回の受講で認定ポイントは1人につき5点となります。
 2 受講認定証の配布
   ・受講認定証はレポート審査の上、会社情報登録用紙に記載した土木事務所等でお渡し
    します。
   ・準備が整い次第、HPでご案内します。
 
申込先及びお問い合わせ先・レポート提出先
 宮崎県自然豊かな水辺の工法研修会(NPO法人大淀川流域ネットワーク事務局内)
 〒880-0013宮崎市松橋1丁目36 小松排水機場内
 TEL 0985-78-2655   FAX 0985-48-8233
 メールアドレス mizube@oyodo-river.org  
 ホームページ  http://www.oyodo-river.org/
 
様式は、こちらからダウンロードできます。